ロケプリがWordで作った名刺データを印刷する際のポイント

パソコンやタブレットで普段からMicrosoft社のWordを使われる方が、Wordで名刺のデザインを作ったので印刷してほしいと、当店に名刺印刷をご注文されるお客様がいらっしゃいます。今回はMicrosoft社のWordファイルを持ち込んで名刺印刷をする場合のポイントを紹介致します。ロケットプリントでWordファイル入稿で印刷されたい方は一読ください。

Wordファイルはそのまま印刷できません

印刷会社はWordなどのオフィス向けアプリケーションを使って印刷する事はなく、印刷用のプロフェッショナル向けアプリケーションを使って印刷を行います。 Wordはもともと印刷を目的としたアプリケーションではありませんので、画面で作成したデザインと同じように印刷する事はできません。

名刺デザイン・WordでPDF変換する
WordでPDFファイルに変換

詳しい説明は省きますが、Wordで印刷や画面表示する場合、作成したパソコン等のプリンタ設定に依存するため、Wordファイルを開いたパソコン等で見た目が変わります。そこでロケットプリントでは、お客様に印刷したいWordファイルをPDFファイルに変換して頂き、PDFファイルを元に印刷用ファイルを作成して印刷を行います。なのできれいな名刺が印刷できます。

WordファイルとPDFファイルを一緒に入稿

Wordから名刺印刷を行うために、お客様から作成したWordファイルとWordファイルから変換したPDFファイルの二つを当店まで持ち込みもしくはメール等でお送り頂きます。

WordファイルをPDFファイルに変換するには、お使いのWordのバージョンによって変わりますが、Word 2007以降は開発・販売元のMicrosoft社のサポートページに紹介されております。

また、Word 2003でPDFファイルに変換する方法もありますので、ご確認ください。

Wordファイルから名刺印刷する注意点

Wordで作る以外でも言える事ですが、名刺デザインを作成したパソコンなどの環境は利用者一人一人違いますので、特殊なフォント(書体)で作られたデザインは、当店で使用している別のフォントに置き換えて印刷させて頂きます。

画面色と印刷色との違い
画面色と印刷色との違い

ほかにも作成中の画面で見た色と、印刷の色とでは色の原理が違いますので、画面で見た色と違った色で印刷されます。Word画面で見た色をそのまま印刷すると色の原理が代わり、図のような色で印刷されます。

印刷前に確認も可能

当店にWordファイル等を入稿して頂いた後、印刷用ファイルを作成致します。作成後にメール等で印刷見本をお送りするサービスも行っておりますので、安心して印刷見本を確認後に印刷致します。 ※内容を変更される場合、別途変更料金が発生する場合があります。

シンプルな名刺印刷は片面100枚¥1,000(税込)から

ロケットプリントでは白紙ベースの文字のみの名刺デザインの場合、片面100枚¥1,000(税込)で印刷しております。ワンポイントのロゴであればカラーでの印刷も可能です。ご要望がありましたら、当店までお問い合わせください。

Tags: